花園メリーゴーランド1巻6話娘・澄子感想考察



「サクラタケ」の更なる秘密が明らかになったわけですが…

まあ実際はあくまで「言い伝え」であり、サクラタケOKな裏切者は恐らくいくらでもいるでしょう。苦笑

とはいえ、こうした閉鎖的な村では、昔から伝わる伝承が重要視されがちなのかもしれません。

相手が信頼できる人間か否かを判断するには、言動から伝わってくる人柄を見るのが一番だろうとは思いますけどね。

そして、今回の大きな見どころといえば…

やはり相浦くんと澄子の距離感でしょう!

2人っきりで話をしたことによって、これまでよりもグッと距離が近くなったように感じます。

「ブルーハーツファン」という共通点もポイントでしたね!

同じものが好き!となると親近感も湧きますし、その分仲良くなりやすいですからねー。

相浦くんも澄子も、どちらかというと大人しいタイプだと思うのですが…

ブルーハーツというロックバンドが好きなあたり、実は内面に激しいものを秘めていたりして!?笑

また、「相浦くんもブルーハーツファン」と判明した時に見せた、澄子の嬉しそうな表情も良い感じでしたね。

あまり笑わず、感情を表に出さないイメージの澄子ですが、今回はそんな澄子の新たな一面を見ることができたなと思います。

サクラタケについての伝承、そして澄子の笑顔など、色々な意味で収穫の多い回だったと言えるのではないでしょうか。

現在漫画を無料ダウンロードするオススメ公式サイトはこちらになります。

ユーネクスト31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※ユーネクストにご希望のマンガがないこともあります。その時はFODをオススメします!

FOD31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加