東京喰種トーキョーグールre3巻あらすじネタバレと感想考察!



スポンサーリンク

東京喰種トーキョーグールre3巻あらすじネタバレ

六月と合流することが出来た琲世。

オークション掃討作戦の指揮者である「和修政」(わしゅう まつり)に「転がっている死体を見てどう思う?」と聞かれます。

それに対して「個人的に違和感を覚える」と答えます。

オークションが行われていたのだから客がいるはずなのに、客の死体がないのです。

そこから客とマダムはアオギリの庇護のもと、この施設内のどこかにかくまわれていて、逃げ出す頃合いを見計らっているのではないかと考えます。

「アオギリ」とは好戦的喰種集団のことです。

そのことを読んでいた和修は大芝班を向かわせていました。

そして奴らの隠れ蓑を暴けるはずだったのですが、大芝班は喰種ナッツクラッカー単体に対して全滅し、レートはAからSに繰り上げられます。

そして琲世達クインクス班はナッツクラッカーの駆逐を命令されます。

しかし、Sレートとの交戦となれば危険性を伴う為、負傷と疲労している六月の退却を願い出ます。

そしてその退路を瓜江に任せます。

シラズはルート把握に不安を感じさせるし、才子だと戦力的に心細いことからの判断でした。

瓜江が功績を挙げたがっていることも重々承知でしたが、頼めるのは瓜江しかいないのです。

ナッツクラッカーがいるであろう管理棟へ向かう途中、全滅したと聞いていた大芝班の1人、林村に琲世は出会います。

そんなところへS以上の喰種が現れ、琲世は戦闘を余儀なくされるのでした。

その報告を受けた和修は琲世に戦闘を命じ、林村、シラズ、才子を管理棟へ向かうことを指示します。

そして、琲世を襲ってきた喰種の正体は、元CCG捜査官だった滝澤だったのです。

滝澤は元仲間達を次々に喰らっていきます。

琲世は歯が立ちません。

そこへ敵であるはずの「アオギリの樹」のメンバーであるフエグチが現れ、琲世を助けます。

一方、瓜江は退路が分からなくなったと嘘をつき、オークション会場へと向かいます。

そこにアオギリをはじめとする喰種や客がいるとふんだのです。

そして喰種を倒せば手柄を挙げることが出来ると。

しかし、什造もそこにいたため、瓜江の計画は少し予定と狂ってきます。

クインクスの能力を伸ばすため、手術をした瓜江でしたが、使いこなせずに精神が破壊されていきます。

しかし六月がそれを助け出します。

そんな2人のところへビッグマダムが立ちはだかりますが、什造のおかげで助かるのです。

ビッグマダムに育てられた什造ですが、容赦なく攻撃をしかけます。

周りが何と言おうとあなたを恨んだことはない、仕事だから切り捨てると笑顔で什造は伝えます。

そんな什造にビッグマダムは「飼っていたのは形が良かったからだ。お前を一度も愛したことなんてない。」と什造に言いかけたところで鈴屋班の面々がビッグマダムを切り捨てるのでした。

琲世を助けたフエグチですが、実は前シリーズに登場していた金子研の仲間「ヒナミ」だったのです。

必死に琲世を守ろうと闘うヒナミを見て、琲世は瀕死の身体で起き上がります。

そして、過去の自分でもある金子研と向かう覚悟を決め、滝澤を倒します。

最後にCCGの死神と言われている有馬貴将がヒナミ達の元に現れます。

ヒナミはもう疲労困憊。

死を覚悟するヒナミでしたが、琲世が「彼女を追い詰めたのは僕なので、所有権は僕に頂いてもいいですか。」とヒナミの所有権を主張するのです。

なにはともあれ、人間オークション掃討戦はCCGの勝利となり幕を閉じるのです。

現在漫画を無料ダウンロードするオススメ公式サイトはこちらになります。

ユーネクスト31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※ユーネクストにご希望のマンガがないこともあります。その時はFODをオススメします!

FOD31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

東京喰種トーキョーグールre3巻感想考察

オークション会場での戦闘が中心の巻なので前巻みたいなシリアス、ギャグ、戦闘といったメリハリ自体は少ない巻でした。

『ドラゴンボール』等の戦闘物、グロさがお好みの方向けの巻になっていると思います。

東京喰種のグロさもいよいよ本領発揮してきたといった感じです。

頭をもぎとり、「パイナップルみてえだな。」という場面なんて漫画やアニメならではのグロさでしょう。

また、月山のイカれた感じ等アニメになるとどんな感じになるのか今から楽しみですね。

六月と合流した後、琲世達クインクス班は六月と瓜江、琲世と才子、シラズの2つに分かれます。

他の班も様々な場所で交戦しているのですが、23話の終わりできちんとまとめてくれているのはとても分かりやすかったです。

鈴屋班や琲世といったヒーロー的存在に描かれているキャラクターが助けにくる場面とかはいかにもといった感じでめちゃカッコいいです。

1、2巻は前シリーズを知らなくても読めるような話の展開だったと思いますが、この巻はヒナミのことを知っていないともしかしたらちょっと疑問が残る形になったかもしれませんね。

記憶をなくしている琲世と琲世の過去を知っているヒナミちゃんが今後どう関わっていくのか今後の展開が楽しみです。

今は過去の自分を取り戻すことに消極的な琲世ですが、ヒナミと関わっていくことで、この気持ちが変化していくのでしょうか?

そういったところも見どころになってくるでしょう。

この巻は戦闘シーンが中心でした。

しかし、その中でも瓜江や琲世の人間的な弱さが描かれていることもこの作品の魅力であり、読者に共感を抱かせるのはないでしょうか?

それがいよいよ読者を惹きつけるのではないかと感じましたね。

そしてこの巻末には「JOKER」の番外編が収録されています。

この巻でも大活躍だった鈴屋什造とその右腕的存在である阿原半兵衛が中心のストーリーですがこちらは笑いを含みつつ読むことが出来、個人的にはお気に入りの話です。

喰種捜査官でありながら、喰種を前に必死で逃げている半兵衛のシーンから始まるところなんてビジュアルはグロいんですが、正直可愛らしさを感じさせます。

そしてその直後に現れる什造にカッコよさ。

喰種を探し出す為、電車に乗り込んだ半兵衛ですが、喰種に出会わず、痴漢にでくわします。

その時の痴漢に対する怒りの半兵衛のコマや痴漢を止めさせるのにものすごく葛藤しているシーン等はどこにでもいるサラリーマンのようでほんわかしますね。

しかし、ここで単なるほんわかした感じで終わらせないのがこの作者です。

半兵衛は勇気が持てず、喰種に立ち向かっていったり、痴漢に合ってる女の子を助けることが出来ませんでした。

幼い頃喰種から守ってくれた父の過去を持つ半兵衛。

もし自分が父を守ろうと勇気をもって喰種に立ち向かっていっていれば、私は死んでいたかもしれないという気持ちがずっと残っているというのです。

「自分を殺すのは自分の勇気かもしれない」そんな切ない気持ちを打ち明けられるとグッときますね。

現在漫画を無料ダウンロードするオススメ公式サイトはこちらになります。

ユーネクスト31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※ユーネクストにご希望のマンガがないこともあります。その時はFODをオススメします!

FOD31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加