ゴールデンゴールド無料で読む方法!1巻第3話あらすじネタバレ



現在漫画を無料ダウンロードする一番のオススメ公式サイトはこちらになります。

ユーネクスト31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※ユーネクストにご希望のマンガがないこともあります。その時はFODをオススメします!

FOD31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

無料で読む方法はこちら⇩⇩

スポンサーリンク

ゴールデンゴールド前回のあらすじ

追いかけてくる謎の生命体に

福の神ですか?と話しかける琉花

通称・福の神は速度を上げて琉花に

近づいてきます

焦って全力で逃げる琉花

最終的に福の神は海へ捨てられてしまいます

学校から帰宅した琉花は

おばあちゃんと談笑する福の神を目撃します

おばあちゃんには福の神が

普通のおっさんに見えている様子です

泊まり客の作家黒蓮とその編集者には

琉花と同じように見えています

この福の神は一体…

ゴールデンゴールド3話あらすじ

いつもの光景の中に溶け込む福の神

黒蓮がスマホで写真を撮りますが保存されません

この日の福の神は早坂商店のレジ台に座ります

島の人には普通のおじさんに見えているようです

すると早坂商店の品物が

ほとんど品切れ状態になるほど繁盛します

さらに宿泊の予約も次々に入ってきます

本当に福の神だったのか…!?

ゴールデンゴールド3話ネタバレ

次の日の朝

いつもと同じように学校に行く準備をして

朝食を食べる琉花

そこにはいつもとは違う光景

福の神が当たり前のように朝食の席に座っています

琉花は福の神の肌荒れが治っていることに気づきつつも

福の神をスルーし続けます

琉花はばあちゃんを呼び出します

琉花

「あそこに座ってる人…もう1回よおーく見てみて…!」

ばあちゃん

「あんた失礼なよ 聞こえとったらどうするんね」

琉花は年齢や性別をばあちゃんに聞きます

ばあちゃん

「そんなんどう見ても男の人や

年は50?  身長はまあ小柄じゃわいね」

ばあちゃんには本当に人間に見えているようです

黒蓮と編集者は福の神が

テレパシーを使えるんじゃないかと話していると

福の神が

「デ…べ…ラメシ」

と言葉を発します

黒蓮と編集者には呪文に聞こえますが

それは「でべら飯」という炊き込みご飯の注文でした

黒蓮と編集者は交番に行くことを考えますが

もし連れて来た警察官が女将さんと同じ反応だったら

居辛くなるだけだと思い踏みとどまります

琉花は黒蓮におばあちゃんの事を任せ

学校へ向かいます

黒蓮と編集者は女将さんが席を外した隙に

福の神をスマホで撮ります

しかしいくら撮っても保存されません

福の神は商店の方へ行きレジ台のところに座っています

店番に来たハルオにも普通のおじさんに見えているようです

この日はなぜか店が繁盛します

琉花は学校が終わったら急いで帰ってきました

商店のレジ台に座っている福の神をみて

自分の部屋へ上がろうとします

するとそこへ及川が琉花に本を貸しにきます

及川は用事が終わるとすぐに帰ろうとします

琉花は慌てて及川追いかけて

琉花

「レジ台に乗ってる…ひと見た? どう…見えた…?」

及川

「ちっちゃいおっさんだな」

島の人たちにはちっちゃいおっさんに見えているようです

商店の品物はほぼ売り切れ状態

宿泊の予約も次々に入ります

会議を開く琉花・黒蓮・編集者の3人

黒蓮

「もうさ 本当に神様かどうかは別にして

フクノカミって呼ばない? あれ

もしあいつがこのままこの家に居続けたら…

かなりのお金持ちになるよ女将さん」

琉花

「おばあちゃんがお金持ちになるなら

それはそれでいいんだけど…

あの…本の仕事されてるんですよね

アニメイトって知ってますか」

編集者

「漫画アニメ専門店だよねグッズなんかも揃えてる」

琉花

「…どうやったら この島にアニメイト建ちますか」

琉花の野望は福の神にもたらされるのか…!?

現在漫画を無料ダウンロードする一番のオススメ公式サイトはこちらになります。

ユーネクスト31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※ユーネクストにご希望のマンガがないこともあります。その時はFODをオススメします!

FOD31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

オススメの記事はこちら⇩⇩

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加