約束のネバーランド第8話考えがあるネタバレ



現在漫画を無料ダウンロードするオススメ公式サイトはこちらになります。

ユーネクスト31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※ユーネクストにご希望のマンガがないこともあります。その時はFODをオススメします!

FOD31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

オススメの記事はこちら⇩⇩

スポンサーリンク

約束のネバーランド第8話考えがある ネタバレ

耳に発信器があることを突き止めたエマ。

3人で会議をします。

ノーマン

「お手柄だよエマ 場所や形大きさが判った! 次に進める」

それは壊し方です。

レイが発信器に関する情報を整理します。

個人の信号を特定できない。

確認なしには位置がわからない。

門や塀に近づいても通知一つしない。

レイ

「俺たちに埋められている発信器は機能としては割と甘い でも埋められている なぜか 発信器さえ健在ならどこまでも追える自信があるんだろう」

ノーマン

「もし通知をするなら発信器が壊された時ってこと?」

レイ

「その可能性もあるわな」

もし発信器に通知機能があれば、ママにすぐばれてしまいます。

レイ

「迂闊に触って壊すのも危ない…」

ノーマン

「壊すのはあくまで逃げる時」

エマは激しく動揺しながら

「でも じゃあ どうやって 壊し方…!!」

レイ

「この件は俺に任せてくれないか」

2人はレイを信じて、任せます。

ノーマン

「あとは全員を連れ出す方法 みんなママを信じきっていることと 多分真実に耐えられないことが問題だな…」

レイ

「それと単純に能力的不足 わかりやすく言えば足手まとい」

エマ

「それについては考えがあるの」

エマの考えとは、自由時間の「鬼ごっこ」を利用するというものでした。

ノーマンが鬼で、頭と体を使ってみんなが逃げる。

遊びのふりをした訓練を行うというものでした。

そしてそれを実行します。

ノーマンは今まで足跡や風向きなど様々な情報を駆使して鬼ごっこをしていました。

その知識と体の使い方を子供達に教えます。

訓練をしていると…

シスター・クローネ

「楽しそうね鬼ごっこ 私も混ぜて」

シスター・クローネの狙いとは…

現在漫画を無料ダウンロードするオススメ公式サイトはこちらになります。

ユーネクスト31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※ユーネクストにご希望のマンガがないこともあります。その時はFODをオススメします!

FOD31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

オススメの記事⇩⇩

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加