五等分の花嫁無料で見る方法!第3話ネタバレと感想



無料で見る方法はこちら⇩⇩

スポンサーリンク

五等分の花嫁前回のあらすじ

五月がカレーを食べて帰った翌日

風太郎はテストをします

結果は5人合わせて100点

5人全てが赤点候補です

それなのに勉強嫌いかつ風太郎嫌いの姉妹たち

風太郎はひょんなことから三玖の戦国武将好き

ということを知ります

一度は三玖に見放される風太郎でしたが

猛勉強を重ねなんとか三玖の

家庭教師をすることができそうです

現在漫画を無料ダウンロードする一番のオススメ公式サイトはこちらになります。

ユーネクスト31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※ユーネクストにご希望のマンガがないこともあります。その時はFODをオススメします!

FOD31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

五等分の花嫁第3話「問題は山積み」あらすじ

二乃以外の4人を集めることに成功した風太郎

勉強を始めようとします

しかし二乃の策略により

三玖以外は全員いなくなってしまいます

風太郎と仲良さそうにする三玖

その姿を見た二乃は邪魔するため

三玖に料理対決を挑みます

料理対決のせいですっかり時間が遅くなってしまい

出直すことにする風太郎ですが

中野家に単語帳を忘れていることに

マンションのオートロックを出てから気づきます

三玖にオートロックを開けてもらい

家に入る風太郎でしたが

そこで災難が待ち受けていました

五等分の花嫁第3話「問題は山積み」ネタバレ

マンションのオートロックの開け方を知らない風太郎

防犯カメラに向かって開けてくれと話しかけます

そこに三玖がやってきてオートロックの開け方を教えます

家に到着すると…

五月「やっぱりきましたか」

四葉「いらっしゃーい 上杉さーん」

二乃「…」明確な敵意

一花 睡眠中

色々問題はありますが

二乃を除く四人はリビングには来てくれました

風太郎が勉強を始めようとした時

二乃

「まだいたの また懲りずに家庭教師するんだ

 この前みたいに途中で寝ちゃわなきゃいいけど」

風太郎は怒りを抑えて二乃も一緒に勉強しようと誘いますが

もちろん断られました

とりあえず四人で始めようとしますが

二乃が四葉の頼まれたら断れない性格を利用して

バスケ部の助っ人に行かせます

一花にはバイトのことを思い出させます

五月には図書館で勉強することを勧めます

結果三玖しか残りませんでした

現実を直視できない風太郎

気を取り直して

仲良さそうに勉強しようとする風太郎と三玖を

二乃が邪魔します

二乃

「あんたらいつからそんなに仲良くなったわけ?

 こういう冴えない男が好みだったの」

と三玖に言います

三玖

「二乃は面食いだから」

姉妹喧嘩が始まります

仲を取り持とうとする風太郎

喧嘩を止めている時に空腹でお腹の音が鳴ります

二乃

「じゃあ三玖の言うとおり中身で勝負しようじゃない」

二乃の挑発によって料理対決が始まります

二乃が勝ったら今日は勉強なしです

ことごとく家庭教師のバイトがうまくいきません

二乃の作った料理は完璧なDutch Baby

三玖はぐちゃぐちゃなオムライスです

風太郎の感想は

「どっちも普通にうまいな」

風太郎は極度の貧乏舌です

二乃と三玖は期待を裏切られます

二乃は

「なにそれ つまんない!」

と言って自分の部屋に帰って行きました

三玖と風太郎は皿洗いをします

時間は夕方になってしまいました

風太郎は今回は出直すことにします

今日ではっきりしたことがあります

それは二乃は風太郎に

特別な悪意を持っているということです

風太郎

「二乃のやつあいつと分かり合える日が来るとは思えん」

三玖

「そんなことないと思う

 誠実に向き合えば分かってくれるよ」

風太郎

「誠実にってどうすればいいんだよ」

三玖

「私に言われても分かんない

 それを考えるのが風太郎の仕事でしょ」

風太郎はマンションのオートロックを出た後に

単語帳忘れたことに気づきます

今日覚えたインターホンで呼び出すと

三玖

「シャワー浴びてるから勝手にどうぞ」

扉が開きます

風太郎は再び中野家に上がります

するとリビングでタオル一枚姿で三玖が

髪を乾かしていました

三玖はそういうことを気にしない性格でした

単語帳を取って早く撤退することを考えます

二乃

「誰?三玖?」

髪を乾かしていたのは三玖ではなく二乃でした

二乃は目が悪いため風太郎を三玖だと勘違いしています

二乃

「いつもの棚にコンタクト入ってるからとってくんない」

この状況を二乃に把握されたら家庭教師として終わりです

二乃

「お昼に意地悪したことまだ根に持ってんの」

風太郎は急いでコンタクトを探します

二乃

「あれは勢いで…悪いとは思ってるわよ

 何してるのそこじゃないって」

と言いながら風太郎の背中に二乃の胸が密着します

限界を感じ風太郎は逃亡を図ります

二乃

「やっぱ怒ってんじゃん

 あいつのせいだ 全部あいつのせい

 パパに命令されたからって好き勝手家に入ってきて

 私たち5人の家にあいつの入る余地なんてないんだから」

二乃が暴れていると

手が棚にあたり本が落ちてきます

風太郎は二乃を守りますが

押し倒す形になってしまいました

二乃

「だ…だれ? ふ…不法侵入」

風太郎

「違う 俺は取りに来ただけだ」

二乃

「撮る?私の裸を!? この変態 痴漢 盗撮魔」

その現場を帰ってきた五月が写真を撮り

「最低」

と軽蔑した目で風太郎を蔑みます

一花を裁判長として裁判が開かれます

冤罪を主張する風太郎

悪質極まりない犯行に今後の出入り禁止を要求する二乃

三玖

「風太郎は悪人顔してるけどこれは無罪

 私がインターホンで通した 録音もある

 これは不慮の事故」

風太郎を擁護します

五月が写真を見ながら状況を見極めます

棚から落ちた方から二乃を守った可能性を提示します

風太郎が有利な立場になり二乃は怒り出します

裁判長一花

「まあそうかっかしないで

 私たち昔は仲良し5姉妹だったじゃん」

その言葉を聞いて二乃は家を出て行ってしまいます

裁判が終了しやっと家に帰れると思い

マンションを出た風太郎

そこには二乃がいました

鍵を持たずにオートロックを出てしまった二乃

インターホンで開けてもらうのはバツが悪い

だから外に座っていました

風太郎は一度帰ろうとしますが

二乃の元へ帰ってきます

二乃

「何してんの」

風太郎

「どうしても解けない問題があってな

 解いてから帰らないとすっきりしない」

二乃

「あっそ」

風太郎

「5人の家にあいつの入る余地なんてない

 そうお前はいったよな

 姉妹のことが嫌い むしろ逆じゃないのか

 5人の姉妹が大好きなんじゃないのか

 だから異分子の俺が気に入らないんだ」

二乃

「何それ 見当違いも甚だしいわ

 そんなのありえないわ キモ

 私はあんたを認めない 

 たとえそれであの子達に嫌われようとも」

そこに三玖が二乃を連れ戻しに来ます

また状況が厳しくなりそうな

予感しかしない風太郎でした

現在漫画を無料ダウンロードする一番のオススメ公式サイトはこちらになります。

ユーネクスト31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※ユーネクストにご希望のマンガがないこともあります。その時はFODをオススメします!

FOD31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

五等分の花嫁第3話感想

今回は主に二乃にフォーカスした回でした

今回の最後には二乃が風太郎を嫌っている理由も

なんとなく分かりましたね

今回もテンポ良く

所々にギャグをちりばめられ

すぐに見終わってしまう感じでした

風太郎がオートロックを知らないほど貧乏なことや

謎の男性の車から降りてくる一花の姿

風太郎が気になり始めている三玖など

面白い要素や伏線などもあり

とても面白い回でした

また最後のシーンで三玖が何か風太郎に

何か言いかけていたことも気になります

次回もとても楽しみです!

オススメの記事はこちら⇩⇩

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加