花園メリーゴーランド1巻7話二人の時間感想考察



第6話でも距離が縮まったように感じられた相浦くん&澄子ですが、今回はより仲が深まった感じですね。

相浦くんも澄子も、お互いに少しずつ心を開いている様子!

やはり「ブルーハーツファン」という共通点が、2人の間の壁をかなり低くしたように思えます。

無愛想な澄子も味があって良いですが、嬉しそうに喜ぶ澄子も微笑ましくてGoodですね~。

相浦くんも、そんな澄子に心なしかちょっとドキッとしているような?笑

テレカのビニールの上に住所を書いてもらっている時も、触れ合う手&至近距離の澄子に、頬を赤らめ黙りこくって…

もはや「澄子に対してときめいている」と言っても過言ではない雰囲気でした。笑

普段は愛想が無いけれど、ここぞという時には親切で、ふとした瞬間に笑顔を見せる。

好きなものも同じで、おまけに美人ときたら、そりゃあときめいてしまうでしょう!笑

それに澄子は、他の村の住人と比べてかなりマトモっぽいですからね。

この「異常」とも言える環境の中で、相浦くんが唯一心を開ける存在…
それが澄子なのでしょう。

ただ、最後の入浴シーンで登場したみづえが気になりますね!

にこやかな表情を浮かべている所が、ある意味怖いというか…笑

「まさかまた相浦くんが襲われてしまうのか!?」と想像せずにはいられない終わり方です。

何しろ、相浦くんが村で過ごす「最後の夜」ですしね…

またみづえさんが攻め込んでくる可能性は高いでしょう。

浴衣姿っていうのも妙なエロスを感じるなあ。笑

相浦くんには申し訳ないですが、正直エロ展開を期待してしまいます!笑

現在漫画を無料ダウンロードするオススメ公式サイトはこちらになります。

ユーネクスト31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※ユーネクストにご希望のマンガがないこともあります。その時はFODをオススメします!

FOD31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加