約束のネバーランド第2話出口ネタバレ!無料で読む方法も紹介



現在漫画を無料ダウンロードするオススメ公式サイトはこちらになります。

ユーネクスト31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※ユーネクストにご希望のマンガがないこともあります。その時はFODをオススメします!

FOD31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

無料で読む方法はこちら⇩⇩

スポンサーリンク

約束のネバーランド第2話出口 ネタバレ

エマは悪夢にうなされ飛び起きます。

私たちは鬼に飼われる食用人間。殺される いや逃げるんだ もう誰も殺させない!!

そう思いながら朝を迎えます。

エマとノーマンは何事もなかったかのように振舞います。

ママに昨日のことを気付かせないためです。

そして、ここから抜け出す方法を自分達だけで考えます。

エマはハウスの秘密に気がつきます。

ハウスの格子窓は内側からは届かない位置で固定してある上ネジ穴が潰されている。

ハウスは檻。

さらに日常に潜む「意図」

好き嫌いなく食べられるおいしい餌。

汚れの目立つ白い服。

規則正しい生活。

これらはすべて商品の品質を保つためのものでした。

しかし今のところテストについては何のためかわからず、またハウスの外の世界についても何も分かりません。

ノーマンは「思えば21世紀も半ばなのに テレビどころかラジオもない 檻の内側は時代錯誤のつくり物だ そして知っているのは鬼が揃え整えた箱庭であり、本当の世界である「外」は未知」であることに気づきます。

ノーマンは冷静にわかることから片付けるため、情報を整理します。

出荷された順番は、コニーの前がハオ、その前のがセディ。

ノーマン

「今までの周期から考えて次の出荷はおそらく最短で2ヶ月後 それまでに全員で脱出できる方法を考え出さなければならない」

そう言うと敷地の簡略図を書いていきます。

ハウスを中央にして門があり、そして周りを取り囲む森。

ノーマン

「まずは出口 門か森か」

エマ

「森からだ 門は出荷時以外閉まっている」

ノーマン

「うんそれに開く時には鬼がいる」

エマ

「次に時間帯 ママがいない出荷の夜か私たちが自由に家外へ出られる昼間の遊びの時間」

ノーマン

「出荷の夜はダメだ 必ず一人が犠牲になる 第一夜は年少者が起きていられるか心配だ 決まりや昼間森を抜けて外に出る それが可能かどうかは」

エマ

「森の先がどうなっているかによるね」

そう言って二人は越えることを禁じられた柵を越えて森の先を確かめに行きます。

森の先には高い塀がありました。

さらにこの塀は幅が2〜3mあり、硬くて丈夫。起伏どころか継ぎ目もないおまけに表面はさらさら。

見張りはいなくてとても静かです。

エマやノーマンの身体能力ならば問題なく登れるますが、問題はどうやって全員を連れ出すかでした。

ノーマンはこの施設について考えます。

見張りはママ1人。周りに鬼の気配はない。表向きはあくまで孤児院。子供が気づくこと自体ないのが当然。ならば、この施設は投稿を前提には造られていない?

ノーマン

「この塀は越えられる!!」

エマ

「次はロープ!」

日が沈む頃、集合の鐘が鳴ります。

二人は急いでママの元へ戻ります。

するとマルクがママに泣きついています。

マルク

「どうしよう森でナイラとはぐれちゃった!!いっぱい探したけど見つかんないんだ!!」

ママは手元の懐中時計を確認しナイラを探しに行きます。

するとママはすぐ森で眠っていたナイラを連れて帰ってきました。

ノーマン

「早すぎる… ママはまるでナイラがどこにいるか分かっているみたいだった」

エマとノーマンはママが持っていたものは懐中時計ではないことに気づきます。

エマ

「発信器…私たちの体のどこかに埋めていられるのかもしれない」

しかもママはわかるようにわざと受信機になっている時計のようなものを見せました。

ママは気づいている。

うさぎの人形(リトルバーニー)がコニー以外の誰かの手で持ち込まれたことに…

ママが受信機を見せた行動は、誰であっても逃さないという宣戦布告だったのです。

現在漫画を無料ダウンロードするオススメ公式サイトはこちらになります。

ユーネクスト31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※ユーネクストにご希望のマンガがないこともあります。その時はFODをオススメします!

FOD31日間無料キャンペーンに登録して漫画を無料でダウンロードする
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

おすすめの記事⇩⇩

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加